インプラント

歯科インプラントとは歯茎から顎の骨へと人工歯を埋め込むものを指します。機能面で大まかに分けて三つの部品で構成されています。一番上は歯の形をしている人工歯、一番下は歯茎から顎の骨に埋めこむ歯根部、そしてその間にある二つの部品をつなぎ合わせる支台部です。材料は強度や顎の骨との相性からチタンやチタン合金製のものが選ばれます。メリットとしてはご自身の残っている歯への影響が少なく、また見た目や機能面に優れ、そして入れ歯よりも会話がしやすいことが挙げられます。デメリットとしては長期間の通院や専門の技術を持った歯科医師の手術が必要です。また、自費診療になるため治療費が高額になりがちです。インプラントは天然の歯に比べて感染が起こりやすいです。そのためインプラントを歯ブラシなどで丁寧にケアをして、定期的に歯科医院で経過観察をする必要があります。

様々な症例に対応出来る専門医が手術します

インプラントを埋めた後、痛みがあるような場合はもちろん、問題がなさそうな場合でも歯科医師の目で診てもらうことが大切です。歯茎や顎の骨の中などで異常がある時があるからです。インプラントを埋め込んだ後何か気になることがありましたらすぐに病院でご相談ください。インプラントを検討する際には特定の疾患があったり、飲んでる薬との相性など注意する必要があります。歯科医師から体調や疾患等を聞かれた場合には「歯周病がある」など簡単なものでも正確に答えてください。当院では多くの経験や高度な技術を習得した専門の医師が様々な症例に対応します。どうぞお気軽にご相談ください。(要予約)