コロナウイルス対策について

現在、世界中で猛威を振るっているコロナウイルスが日本国内でも流行しております。重篤な症状の患者様は亡くなられる場合もございます。そこで当院と致しましてもコロナウイルス対策への重要性を鑑みて、院内感染が起こらぬように感染症対策をこれまで以上に強化しております。

これまでも感染症対策として以下の事を行なってまいりました。
  • マスク・グローブを着用。グローブは患者様毎に交換。
  • ゴーグルの着用。
  • 使い捨てのエプロン・コップを使用し、患者様毎に破棄。
  • タービンなどのハンドピースを強力な滅菌処理を行い、患者様毎に交換。
  • 機器類の消毒液での払拭。
  • 定期的に医師やスタッフの手洗いや手指消毒。
  • スタッフの体調管理。
  • 空気清浄機の設置。
さらにコロナウイルスへの対策を強化します。
  • 新たな設備として診察室に口腔外バキュームを設置。
  • 待合室に消毒液を設置。
  • 全てのドアノブ等の払拭。
  • 待合室にあるソファの払拭。
  • 室内換気。

口腔外バキュームとは

バキュームの種類

歯医者で使われるバキュームといえば口腔内バキュームや口腔外バキュームがあります。口腔内バキュームは口の中の唾液や削られた歯・歯石・血液などを吸引するために使われる口の中に入れるバキュームのことです。大きなストローみたいな形の器具があるのをみたことがあるかもしれません。吸引力があるので口の中を吸い付くことがあります。口腔外バキュームは口の近くに設置して同様に飛沫・ウィルス・細菌を吸引する器具です。大きな機械である分音も大きいですが、吸引力も非常に強力です。

なぜ設置するのか

コロナウィルスの感染経路の一つとして飛沫感染というのがあります。飛沫感染とは、くしゃみをした時に出る空気中に漂うくらい小さな唾液の粒などウィルスが含まれたものを呼吸をした時に体に取り込んでしまい、そこから感染してしまうというものです。飛沫感染を抑えるため口腔内バキュームの使用も有効ですが全てを取り切れるわけではありません。そこからさらに飛沫を可能な限り除去するため、つまり感染リスクを徹底して抑えるために口腔外バキュームを設置しております。

以下は口腔外バキュームの設置の有無を比較した動画になります。口腔外バキュームが感染のリスクを抑えるために有効な手段であることが一目瞭然であると思います。

口腔外バキューム有り

口腔外バキューム無し